本学会について 入会&会員情報 学術集会のお知らせ 学術情報 刊行物
ホーム > 第7回肥満症総合治療セミナー

第8回肥満症総合治療セミナー
肥満外科治療の原理と、それを支える総合的なチーム医療を学ぶ

肥満症、とくに高度肥満症の治療は難渋を極めます。肥満外科療法は大変有効な治療手段ですが、その効果を引き出し持続させるためには、安全・確実な手術技能の確立と共に、術前、周術期の管理のみならず、長期にわたる栄養・精神面へのサポートが必要です。それには、関連各科医師を中心に、栄養士、看護師、理学療法士、臨床心理士、ソーシャルワーカーが一体となったチーム医療が求められます。また、このサポート体制の根幹は、保存的内科治療とほとんど共通です。2014年にわが国でも腹腔鏡下スリーブ状胃切除術が保険収載され、需要の高まりとともにその整備が急がれます。そこで実践的かつ参加型の内容で、第8回のセミナーを開催することに致しました。肥満外科治療に取り組まれている方、また取り組もうと考えている方、さらに、高度肥満の総合的治療に興味のある方々、奮って御参加下さい。

●主催


日本肥満症治療学会 教育委員会

●当番世話人


龍野一郎(東邦大学医療センター佐倉病院 糖尿病内分泌代謝センター 教授)

岡住慎一(東邦大学医療センター佐倉病院 外科学講座 教授)


●開催日・プログラム概要(時刻や内容は変更される可能性があります)

詳細プログラム(PDF)はコチラから

【開催日】 2017年 3月4日(土)5日(日)  


【プログラム概要】 第1日目 3月4日(土)  


受付開始 13:00

開会あいさつ   13:20~13:25
理事長あいさつ 13:25~13:40
~先制医療としての高度肥満症治療のすすめ方~

第1部:肥満症患者の病態と治療の基本 13:40~15:15

1. 肥満症の診断、病態、合併症について
2. 高度肥満と肥満関連腎症~透析予防のため取り組み~
3. 肥満症のチーム医療と、内科・外科治療の位置づけ
4. 肥満症食事療法の基本~フォーミュラ食を含めて~
5. 高度肥満患者に対する運動療法の工夫
6. 肥満症患者の心理行動特性の捉え方とその対処法

<休憩>  15:15~15:45 (フォーミュラ食にトライ)

第2部:肥満外科治療の実際 15:45~17:00

1. 外科治療総論~術式、適応、効果など~
2. 肥満外科治療に必要な設備とチーム医療について
3. 肥満外科手術合併症とその対処方法について~周術期、術後管理のポイント~
4. 肥満外科手術の麻酔管理~とくに高度合併症を有する患者において~

<休憩> 17:00~17:20

第3部:肥満外科治療を支えるチーム体制 17:20~18:20

1. 術前減量プログラムと術後の長期follow-up~内科の立場から~
2. 術前・術後の栄養管理~とくにリバウンド予防対策について~
3. 肥満外科治療チームにおける看護師の役割
4. サポートグループの重要性~ソーシャルワーカーの立場から~

<休憩> 18:20~18:30

第4部:イブニングセミナー  18:30~19:20
共催:武田薬品工業株式会社

WeeklyDPP-4阻害薬の有用性;1年の経過から

          ~CGMで見る1週間持続血糖管理を含めて~

第5部:術前外来のロールプレイ 19:30~20:00

<懇親会> 20:00~


【プログラム概要】 第2日目 3月5日(日)  


第6部:モーニングセミナー 8:00~8:50
共催:コヴィディエンジャパン株式会社

Metabolic Surgeryの期待とその準備

<休憩> 8:50~9:00

第7部:Metabolic Surgeryへの期待 9:00~10:00

1. Metabolic Surgeryとは?~2型糖尿病に対する有効性と効果発現機序~
2. 糖尿病以外の疾患に対するMetabolic Surgeryの可能性(内科vs外科ディベート)

<休憩> 10:00~10:10

第8部:症例検討会~心理社会的重症例の手術適応について~ 10:10~11:20

1. 精神科疾患を有する症例に対する手術適応の基本的な考え方
2. 症例検討

<休憩> 11:20~11:30

第9部:患者さんの気持ち~医療人として、肥満患者になり、
そして肥満外科治療を受けてみて~(術後5年経過して) 11:30~11:50

<休憩> 11:50~12:00

第10部:ランチョンセミナー   12:00~12:50

共催:アストラゼネカ株式会社、小野薬品工業株式会社

糖尿病治療戦略の再考 ~SGLT2阻害薬の使用を踏まえて~


総括・受講証交付 12:50~13:00

閉会の辞      13:00~13:30

 

●開催場所


ウィシュトンホテル・ユーカリ  ※京成本線「ユーカリが丘」駅直結

〒285-0858 千葉県佐倉市ユーカリが丘4-8-1

TEL:043-489-6111

以下のURLよりアクセス詳細をご確認いただけます。

http://www.wishton.co.jp/access/

 

●受講対象


外科医、内科医(勤務医、開業医問わず)、精神科・心療内科医、麻酔科、栄養士、

看護師、臨床心理士、医療福祉士など肥満症治療に関わる医療従事者


●受講者


60名(先着順) 定員に達し次第締め切ります。

●参加費用


・カード決済をご利用の場合       医師 :31,500円(カード決済等手数料込)

医師以外:21,000円(カード決済等手数料込)


・銀行振込をご利用の場合         医師 :30,000円(手数料別)

医師以外:20,000円(手数料別)


*宿泊を希望されない方は事務局にご連絡ください。


●申込方法:


・カード決済をご利用の方のお申込⇒ クリックしてください。
 (コンビニからのお振込みも可能です)

・銀行振込をご利用の方のお申込⇒ クリックしてください 。

●運営事務局


日本肥満症治療学会 事務局
株式会社コンパス内
〒113-0033 東京都文京区本郷3-3-11 NCKビル5F
TEL:03-5840-6131
FAX:03-5840-6130
E-mail:infojsto.jp